男だってムダ毛の処理がしたい!

メンズ脱毛,家庭用

近年は男性でもムダ毛の処理や手入れに力を入れている方が増えています。確実にムダ毛を処理するなら脱毛サロンやクリニックでの施術という方法もありますが、中には「店舗や医療機関に足を運ぶのはちょっと…」という方もいます。

 

このようなメンズの方に適した脱毛方法が家庭用脱毛器です。今回は家庭用脱毛器のお役立ち情報、おすすめの家庭用脱毛器などを解説します。

 

 

メンズにおすすめの家庭用脱毛器4選!

メンズのムダ毛は女性よりも多く、そして太いという特徴があります。よって男性が家庭用脱毛器を購入するなら、脱毛効果がしっかりと得られるものがよいでしょう。今回はメンズにもおすすめできる家庭用脱毛器を4つまとめましたので徹底解説します。

 

ケノン
ケノン

 

家庭用脱毛器の業界では圧倒的な知名度と販売実績を誇るケノン。ムダ毛で悩む男性からも高性能脱毛器として多数の支持を集めています。

 

ケノンは照射パワーのレベルを1〜10まで設定できる仕様になっており、レベルを上げるごとに脱毛効果を高めることが可能です。ちなみに脱毛で多くの方が不安になる痛みについても、医療脱毛と比較すると半分ぐらいという声が多いです。

 

最大300万発のカートリッジや剛毛にも対応できるストロングカートリッジが付属されるため、体毛が濃いメンズでも高い脱毛効果を得ることができるでしょう。

 

 

価格 6万3,455円(税抜)
脱毛方法 フラッシュ式
保証期間

1年保証
※有料で2年保証可

 

>>ケノンの公式サイトはコチラ

 

 

2PSクリスタル
2PSクリスタル

 

男性にも大人気の家庭用脱毛器のひとつが2PSクリスタルです。全身、VIOに対応している機種のため、部位に関係なくムダ毛を処理したいというメンズにはおすすめできます。

 

カートリッジの交換にかかる手間を極力省くために、最大300万発の照射耐久テストをクリアしたカートリッジを採用しているのも大きな特徴。照射面積も前モデルより広くなっており、より短時間での処理も可能になりました。

 

1発の照射を4回に分けて照射する4連射方式で肌への負担も軽くなっているため、肌が弱い方にも適した家庭用脱毛器といえるでしょう。

 

価格 6万4,630円(税抜)
脱毛方法 フラッシュ式
保証期間

1年保証

 

>>2PSクリスタルの公式サイトはコチラ

 

トリアビューティー
トリアビューティー

 

トリアビューティーは脱毛効果が高いといわれているレーザー式を採用した家庭用脱毛器です。

 

クリニックで用いるダイオードレーザー技術を開発した専門家が手掛けた脱毛器プレシジョン、そのプレシジョンより出力を高めた脱毛器4Xの計2種の家庭用脱毛器を提供しています。

 

最大22ジュールのダイオードレーザーが搭載されているため、フラッシュ式脱毛にはない高い脱毛効果を感じることもできるでしょう。カートリッジ交換も不要ですので、追加コストがかからないのも大きな魅力です。

 

体毛の濃い男性の使用率が約3割といわれているため、剛毛にも対応できる家庭用脱毛器をお探しの方には特におすすめです。

 

価格 【脱毛器4X】

3万6,852円(税抜)
【脱毛器プレシジョン】
2万9,445円(税抜)

脱毛方法 レーザー式
保証期間 2年保証

 

>>トリアビューティーの公式サイトはコチラ

 

 

Datsumo Labo Home Edition
Datsumo Labo Home Edition

 

全身脱毛で有名な大手脱毛サロン「脱毛ラボ」が開発したDatsumo Labo Home Edition。男女兼用の家庭用脱毛器であり、その効果はサロン級の業務用パワーともいわれています。

 

また、Datsumo Labo Home Editionは冷却クーリング機能が搭載されているため、肌に過度な負担をかけることのない脱毛が可能です。照射パワーは5段階レベルで設定できますので、頑固な男性の髭にも負けない脱毛効果が期待できるでしょう。

 

その他Datsumo Labo Home Editionには高性能のタッチセンサーが搭載されているため、顔や指といった凸凹部分が目立つ部位もきれいな手入れが可能です。大手脱毛サロンが販売する家庭用脱毛器だけに信頼度は抜群です。

 

価格 6万4,980円(税抜)
脱毛方法 フラッシュ式
保証期間 1年保証

 

>>Datsumo Labo Home Editionの公式サイトはコチラ

 

 

 

【メンズ】家庭用脱毛器の4つのメリット

専用の脱毛マシンでの施術が可能な脱毛サロンやエステがあるにもかかわらず、なぜ近年は家庭用脱毛器の注目度が高まっているのか?まずはこの疑問を家庭用脱毛器のメリットを取り上げながら解決していきましょう。

 

自宅で手軽に脱毛ができる

メンズ脱毛,家庭用

家庭用脱毛器最大のメリットは、何といってもその手軽さ。脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛は効果が非常に大きいですが、施術の度に店舗やクリニックに足を運ぶ必要があります。

 

一般的に脱毛サロンやクリニックで施術を受けると、脱毛完了までに1年半〜3年ほどの期間を要します。回数としては医療脱毛であれば6回〜10回、脱毛サロンなら12回〜18回ほどの施術を受けなければなりません(※全身脱毛の場合)。この施術スケジュールは普段の仕事が忙しい方などにとっては、厳しいと感じることもあります。

 

しかし、家庭用脱毛器であれば脱毛器さえ購入してしまえば自宅にいながら手入れが可能になります。自身の好きなタイミング、場所で行うことができるのが家庭用脱毛器の大きな魅力です。

 

低価格

メンズ脱毛,家庭用

家庭用脱毛器は脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛よりも費用を抑えることができます。家庭用脱毛器の本体価格相場は、メーカーや機種によって異なりますが概ね1万円〜10万円ほどです。

 

一方で脱毛サロンや医療クリニックの施術費用は、5万円〜30万円以上が相場です(※プランや脱毛部位によって異なる)。

 

特に全身脱毛を施す場合などはサロン、クリニックともに30万円以上の費用がかかることも珍しくありません。これは経済的に苦しいという方などにとっては、大きなデメリットとなりうるポイントです。

 

家庭用脱毛器は、本体代金とカートリッジ交換費用(5,000円〜1万円が相場)のみで脱毛を行えるため、お金を極力かけたくないといった男性にもおすすめできます。

 

出力が抑えられているので安心・安全な脱毛が可能

メンズ脱毛,家庭用

家庭用脱毛器購入を検討している方の中には、「脱毛の知識がない素人が1人で施術を行っても大丈夫なの?」と、疑問を感じている方もいます。この疑問に対する回答ですが、家庭用脱毛器は正しい使い方などをしっかりと守れば非常に安心、安全な脱毛が可能です。

 

家庭用脱毛器が安心、安全に使用できる主な理由ですが、出力パワーが家庭用に抑えられているためです。

 

脱毛機器は照射パワーが強いほど高い脱毛効果を得ることができますが、出力が高いマシンは施術トラブルも起きる可能性が高くなるため、脱毛や医療に関する知識を有したスタッフが扱うのが一般的です。

 

家庭用脱毛器はもともと脱毛などに関する知識がない一般の方が1人で使うことを想定して開発、販売されていますので照射パワーがサロンやクリニックのマシンよりも抑えられています。

 

もちろん出力が抑えられているといっても照射される光やレーザーは高熱を帯びているため、施術時は正しい使い方を把握しておく必要があります。この正しい使い方さえ意識しておけば、家庭用脱毛器で大きな肌トラブルが起きる心配はありません。

 

人に体を見られることなく脱毛ができる

家庭用脱毛器での脱毛は、自分の体を誰かに見られる心配がありません。サロンやクリニックでの脱毛を躊躇する男性の中には、自分の体をスタッフの方に見られたくないという方もいます。

 

サロンやクリニックで施術を担当するのは必ずしも同性である男性ではなく、女性スタッフというケースもあるでしょう。自分の体に自信がない方にとっては、他人に肌を露出した姿を見せるのは強い抵抗を覚えます。

 

家庭用脱毛器は基本的に1人での脱毛を想定して開発されていますので、自宅で誰にも見られることなく手入れが可能です。よって他の人に必要以上に肌を露出したくないという方は、家庭用脱毛器を有効活用する方法がおすすめです。

 

家庭用脱毛器の種類

ここからは家庭用脱毛器の主な種類を解説します。

 

フラッシュ式

家庭用脱毛器の中では最もポピュラーなタイプとなるフラッシュ式。毛根のメラニン(黒色の色素)に熱を帯びた光を照射し、ダメージを与えることで脱毛を行っていきます。

 

地道に光で毛根にダメージを与えていくことで、徐々にムダ毛の量を減らしていくのがフラッシュ式家庭用脱毛器の仕組みです。

 

ちなみにこのフラッシュ式は、脱毛サロンでも取り入れられている脱毛法です。もちろんサロンの光脱毛よりも出力は弱めに設定されているため、1回の効果は店舗で行う施術よりも弱いです。

 

ただしその分痛みの程度も弱く感じることが多いです。またフラッシュ式家庭用脱毛器は、一度に広範囲の照射が可能でもありますので処理時間の短縮を希望する方にも適しています。

 

レーザー式

レーザー式の家庭用脱毛器は、黒色に反応する特殊な波長を照射することにより、毛母細胞にダメージを与えていきます。これによって毛の再生力を著しく低下させることが可能です。

 

レーザー式の家庭用脱毛器はムダ毛の黒い色素にのみ反応するため、肌への負担を抑えながらの脱毛ができます。

 

ただしレーザー式の家庭用脱毛器は医療脱毛と同じ仕組みを採用しています。もちろん医療機関で使用されるレーザー脱毛機よりも出力は抑えられていますが、前述のフラッシュ式よりも脱毛効果が高いとされています。

 

よって特に毛の太い部分などに照射したときには、痛みを感じやすいという特徴があります。

 

またフラッシュ式よりも照射範囲が狭いため、脚や腕など範囲が広い部位をお手入れするときは時間がかかりやすいでしょう。このような理由からレーザー式家庭用脱毛器は、とにかく高い脱毛効果を得ることを優先している方におすすめです。

 

メンズが家庭用脱毛器を使うときの5つの注意点

前述のように家庭用脱毛器はそれなりに高い効果と安全性が確保されています。ただし、間違った使い方をすると効果が半減するのはもちろんのこと、思わぬ肌トラブルを招く恐れがあります。そこでここでは家庭用脱毛器を使用するときの注意点を5つまとめましたので解説します。

 

肌の調子が悪いときは使用しない

家庭用脱毛器は種類にかかわらず肌の調子や体調が良いときに行うようにしましょう。これは家庭用脱毛器が熱を帯びた光やレーザーを使用しているためです。脱毛を行うということは、多かれ少なかれ肌へ刺激を与えることになります。

 

肌の調子や体調が優れないときは免疫力も低下傾向にありますので、ちょっとした刺激でも肌荒れなどのトラブルを起こす可能性があります。よって家庭用脱毛器は、その日の肌の調子や体調を確認してから使用するようにしてください。

 

同じ部位に複数回照射しない

家庭用脱毛器は1回の手入れで、同じ部位に複数回照射するのはやめましょう。これは各家庭用脱毛器の取扱説明書に記載されていることも多いですが、同じ部位に複数回の照射は火傷や水ぶくれを起こす恐れがあるためです。

 

脱毛前後は冷却や保湿ケアを行う

家庭用脱毛器を使用するときは、前後の肌ケアをしっかりと行っておくようにしましょう。まず脱毛前ですが、家庭用脱毛器の熱は肌にダメージを与えるため、冷却は必ず行うようにしてください。

 

また家庭用脱毛器を使用したあとの肌ケアも忘れてはいけません。脱毛後の肌は脱毛器の熱によって軽い火傷状態になっているといわれています。皮膚の水分量も著しく少なくなっているため、この状態を放置しておくと乾燥肌を招く恐れもあります。

 

よって脱毛後は保湿アイテムを活用して、肌の回復を図ることが大切です。脱毛後の肌ケアで使用するのは低刺激の化粧水などがおすすめです。

 

クリームやオイルなどを使用する方もいますが、これらは毛穴の詰まりを引き起こす可能性がありますので控えておきましょう。その他、家庭用脱毛器を使用した日は飲酒や熱湯の湯船に浸かるといった行為も極力行わないでください。

 

脱毛ペースは一定の間隔を空ける

家庭用脱毛器は自宅で自分の好きなタイミングで脱毛を行えるのが魅力ですが、お手入れの頻度には気を配るようにしましょう。これは家庭用脱毛器を毎日のように使用すると、熱によってダメージを受けた肌の回復が遅れるなどの弊害をもたらすためです。

 

一般的にサロンやクリニックでの脱毛は約2ヶ月〜3ヶ月に1回のペースで施術を行います。家庭用脱毛器も一定の間隔を空けることが重要ですが、サロンやクリニックで使用しているマシンよりも出力が抑えられているため、脱毛ペースは2週間に1回程度の頻度で問題はありません。

 

継続して毛が抜けてきたり、毛量が減ってきたりしたなと感じたら1ヶ月に1回、2ヶ月に1回と徐々に間隔を空けていくとよいでしょう。この脱毛ペースを守ることで、サロンの光脱毛と同程度の効果を得られるともいわれています。

 

家庭用脱毛器は使用する機種や1人、1人の毛量などによって異なりますが、概ね6ヶ月〜1年ほどで脱毛効果を得られるのが一般的です。早期の脱毛効果を得られるように、家庭用脱毛器を使用する頻度にも工夫を施すようにしましょう。

 

取扱説明書は必ず読む

家庭用脱毛器を初めて使用するときは、必ず付属の取扱説明書に目を通してください。一口に家庭用脱毛器といってもメーカーや種類によって照射パワーや使用方法などは異なります。しっかりとした脱毛効果を得るには、各家庭用脱毛器に合った使い方を守る必要があります。

 

【メンズ】家庭用脱毛器に関するQ&A

ここでは家庭用脱毛器の購入を検討しているメンズ向けの疑問や悩みを解消します。

 

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能?

自宅で脱毛ができる家庭用脱毛器では、永久脱毛の効果を得るのは不可能です。完全に、もしくは完全に近い状態まで毛をなくすというのは、ムダ毛の組織を破壊する必要があります。

 

この組織を破壊する行為は医療資格を持ったスタッフ、つまり医療機関やクリニックでしか行うことができません。よって自宅で手軽に脱毛ができる家庭用脱毛器では、永久脱毛の効果を得るのは不可です。

 

家庭用脱毛器で髭脱毛は可能?

髭脱毛が可能な家庭用脱毛器もあります。ただし顔という部位は皮膚が薄いため、肌が弱い方やちょっとした刺激でも肌トラブルを起こす方などはサロンやクリニックでの脱毛を検討してもよいでしょう。

 

特に髭というのは1本、1本の毛が太く、毛量も多めとなっていますので痛みを感じやすいです。一度家庭用脱毛器で髭脱毛を試し問題がなければ継続、痛みや肌の異常が目立つ場合は店舗、クリニックでの脱毛を検討するのがおすすめです。

 

家庭用脱毛器でVIO脱毛は可能?

VIO脱毛が可能な家庭用脱毛器もあります。ただし、VIOラインはしっかりと目視しながら脱毛を行える部位ではないため、きれいな処理を行うのが難しいです。

 

またデリケートゾーンは皮膚も薄いですので、他の部位と比較すると肌トラブルに見舞われる可能性が高くなります。よってVIOラインの見えにくい部分まできれいに処理したいという方は、サロンやクリニックの力を借りる方法も検討しておきましょう。

 

ちなみに家庭用脱毛器は背中など手の届かない、もしくは届きにくい部位の処理に困るという方も少なくありません。このようなときは家族や彼女に手伝ってもらうのがおすすめです。

まとめ

メンズ脱毛,家庭用

今回は家庭用脱毛器に関するお役立ち情報やメンズにもおすすめできる脱毛器を紹介しました。男性の中にも脱毛を検討しているものの、サロンやクリニックでの施術を躊躇している方がいます。

 

家庭用脱毛器はこのようなサロンやクリニックを苦手とする方などに適したマシンです。家庭用脱毛器は出力が抑え気味で開発されているため、永久脱毛の効果を得ることはできませんが、正しい使用方法を守ることでたしかな脱毛効果を実感できます。

 

家庭用脱毛器にもさまざまな種類がありますので、自身に合ったタイプを選択して脱毛を成功させましょう。現在、家庭用脱毛器の導入を検討しているメンズの方はぜひ参考にしてください。